おすすめ

お客様の声
  

どれを読もうか迷ったら?

プリントパズル 文具ぱ〜く おもしろ検定特集 日本漫画協会ルーム

お知らせ

    もっとみる

    メディア掲載情報

      もっとみる

      wook編集部twitter

         

      Web作家深良マユミの小説

      深良マユミ
      • 書店サイトへ
      • ファンになる ファンになると新作案内がメールで届きます
      ファン (8)
      C-BROWNIE
      平作漫画本舗
      楠本浩士
      Koperto
      香盛修平
      kazz
      aki
      akira918

      深良マユミ

      「深良マユミってどんな人?」
      07年夏に、電子書籍でデビューした小説家。エンターテインメントでありながら人間の悲しさ、美への憧れ、人生の謎などを感じさせる作品を書くことが目標。影響を受けた作家は、江戸川乱歩、谷崎潤一郎、など。
      「深良マユミ」の筆名は、夢野久作の短編小説「巡査辞職」のヒロインの名前。
      mixi では「玉藻の前」というネームなので皆様から「玉藻」とよばれている。なのでアカウントも「まゆみふから」に「たまも」をくっつけました(笑)ちなみに「玉藻の前」は、自分では能楽「殺生石」のヒロインの名前のつもりだったが、調べると、天竺、唐をまたいで、美貌と博学と話術で皇帝たちを幻惑し、国家を混乱の渦に陥れた大妖怪の名前であった!

      …こういう存在に、私は魅了されるのです。目標にしたいものです(?)

      日本のいにしえの美が大好きだが、なかでも能好きさんなので、謡(観世流)と大鼓(高安流)を習っている。09年8月に能舞台で謡いを謡ったときの動画がyoutube にありますので、よろしければどうぞ。


      深良マユミより、2009年までに発表した10作品の収録されたCD-R をお求めいただくことも出来ます。こちらをご参照ください。
      http://mayumifukaratamamo.blog21.fc2.com/blog-entry-849.html

      価格は税込み2000円です。メールいただければ銀行口座のご案内をいたします。
      お問い合わせを心よりお待ちしています。

      お問い合わせのメールアドレスは  lovelyfox55@gmail.com  でございます。

      ★★2010.10.15のお知らせ★★
      作曲家、鈴木理子さんと作ったアルバム「MFRS」が、ついにネットの店舗にて販売開始!!!!
      ここでお求めいただけます。

      http://pme.jp/shop/cgi/cue/m_shop.cgi?class=all&keyword=1292&FF=0


      長い紹介文をお読みいただき、ありがとうございました。 全34冊|来店者数(122696)

      リンク
      https://www.facebook.com/mayumifukaraleningrad

      ログインしていません。ログイン または、仮名さん

      800
      • 深良マユミさんを発表しました。

        白大島の女

        220円 13ページ

        ログインしていません » ログイン
        または、仮名

        800

      • 深良マユミさんを発表しました。

        ベーグルと花とファースト・レディー

        220円 27ページ

        ログインしていません » ログイン
        または、仮名

        800

      • 深良マユミさんにコメントしました。

        美女はいかにして死ぬか

        220円 24ページ

        ログインしていません » ログイン
        または、仮名

        800

        深良マユミ
        深良マユミさん

        どみんごさん、素晴らしいコメントいただきありがとうございます!!!またもや、強烈かつ偏執的なキャラクターを作ってしまいました(苦笑)。「雨の日に読むと良いかもしれない」というのは確かにそうですね。どうも私は、作中人物の心理を天候に投影させる癖があるなあと自分でも思っております。それは谷崎潤一郎などもそうだったのですが、まだまだ私は表現力というか語彙が足りないと痛感しています。そうそう、3月にも新作を2作出しますのでよろしくお願いします!!!!いつもご愛読ありがとうございます。

        どみんご
        どみんごさん

        深良ワールド幻想なのか?現実なのか?果たして最後の女性とは。雨の日に読むと良いかもしれないです。

      • 深良マユミさんを発表しました。

        美女はいかにして死ぬか

        220円 24ページ

        ログインしていません » ログイン
        または、仮名

        800

      • 深良マユミさんにコメントしました。

        罪の恋人

        220円 23ページ

        ログインしていません » ログイン
        または、仮名

        800

        深良マユミ
        深良マユミさん

        カナザワ様、こちらにもコメント頂きまして、しかも、私の崇拝する谷崎先生の「鍵」と比較してくださいまして、光栄で緊張してしまいます(笑)。私は高校1年のときに「痴人の愛」を読んで以来谷崎世界の囚われ人です(笑)谷崎以外には江戸川乱歩にも多大な影響を受けておりますが、殺人トリックを考え出すほど頭脳が鋭くないので、このようなお話を書いているわけです。もちろん拙作「罪の恋人」は芸術的完成度において「鍵」の足元にも及んでいませんが、主人公のペアが「技巧的なセックス」に走るところは共通しています。「鍵」ほど濃厚な男女の性愛が書けるような気がしませんが、いつかは書けるようになりたいですねえ。でも、本当のことを言うと、私は男女の性愛をテーマにしたものは、もう二度と書けないかもしれないと思っております(苦笑)なぜなら、私は男性よりも着物とか茶碗とか日本刀の方が好きだからです(大笑)まことに本作を詳しくお読みいただきましてありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

        システム
        システムさん

        この小説は谷崎の「鍵」とテーマが共通している。すなわち「性愛の快楽を追求する という一見皮相的な行動様式によって逆に人間存在の深遠な謎、生の複雑さを浮き彫りにする文学なのである。研究者も女子大生も恋愛のためなら道徳くそくらえの無軌道な連中だが、一方で妙に相手に義理堅いのが興味深い。深良作品のキャラクターを見ていると「人間は一面的ではない」ことがあざやかに、はっきりと見て取れる。読後感が非常に重層的で、良い文学を読んだ!という感動に浸れる。まったくもってすごい才能である。

      • 深良マユミさんにコメントしました。

        九相図

        220円 23ページ

        ログインしていません » ログイン
        または、仮名

        800

        深良マユミ
        深良マユミさん

        カナザワ様、コメントありがとうございます。非常に的を得たご感想をいただき感動しております。確かに「九相図」は、自分の全てを捨てても悔いがない、という愛に身を捧げる人間の劇でございます。最初は「怪奇小説」を書きたかったのですが、書き始めると違う方向に行ってしまいました(苦笑)怪奇小説って書いたことがないので書きたかったのですよ。それには現代日本を舞台にすると、ネットとかSNS とか携帯とかの現代のツールが邪魔になるので、わざわざ平安時代を狙ったのですけどねえ(笑)九相図は、わたくしのような「日本のいにしえ」が好きなものにとっては必須科目でございます。ご存知とは思いますが、九相図は、小野小町伝説とも関わりがありますね。小野小町の白骨が、野原にさらされていて、骸骨の眼窩からススキが出ていた、というあれですね。仏教界が「美女の美しさなどは意味のないもの」という教えを強調するための九相図だったはずがなぜか美術の分野の一つになってしまった、というのは、まことに日本人の風流さ(というのは変な言い方かもしれませんが)、諸行無常の概念すらも、美的なものに変容させてしまうという一種の耽美さを意味しているようで、実に深いなあと思います。まだまだ仏教と美術について学び足りないことが分かったので、これからも勉強いたします。コメント本当にありがとうございました。

        システム
        システムさん

        変態性欲小説と見せかけていますが、実は非常にまじめなヒューマニズム小説!愛の成就の為にすべてを捨てて突っ走るキャラはさすがに深良作品の申し子!!現代日本を舞台にしたらそういう小説を書くのが難しいという事を作者さんはよく理解しているから平安期のファンタジーにしたのです。

      • 深良マユミさんを発表しました。

        罪の恋人

        220円 23ページ

        ログインしていません » ログイン
        または、仮名

        800

      • 深良マユミさんを発表しました。

        九相図

        220円 23ページ

        ログインしていません » ログイン
        または、仮名

        800

      • 深良マユミさんにコメントしました。

        朱と墨

        220円 20ページ

        ログインしていません » ログイン
        または、仮名

        800

        深良マユミ
        深良マユミさん

        慶太様、お返事が遅くなりまして大変申し訳ありませんでした!浅学非才のわたくしに対して、身に余るたいそうなお言葉に、穴があったら入りたいような、背中に汗冷や汗が流れるような気分でおります。ありがとうございます。さて、谷崎潤一郎と言えば、先般、制作ノートを写真に写した印画紙が255枚発見されたというニュースが思い浮かびますね。わたくしはそれを聞きまして、非常に強い感慨を覚えましたよ。感慨の一つは、あの博覧強記の谷崎でさえ、ネタ帳(これは私の用語です 笑)に書き付けていたんだな、という親近感で、もう一つは、このネタ帳を失う事を彼がどれほど恐怖していたかということです。戦時下であることを考えると、まさにその恐怖はひしひしとした切迫感であったに違いなく、谷崎は生命ある限りこのノートを残そうと決意し、それが「写真撮影」という行為に現れていたのだと、本当に胸につきあげるものがあります。わたくしも、何かあった時のために、就寝時はネタ帳は手に届くところにおき、昼は必ず手元におきます(苦笑)。ただ、写真撮影はしていないのでしないと… まあそれはおいて、やはりこのように、自分の「思考の痕跡」を何が何でも残そうとする谷崎は、根っからの「文筆家」であったのだと、ますます谷崎への尊敬の念が強くなりました。あのような優れた文筆家、物語作家には到底及ぶべくもない私ですが、良い作品をつくる努力だけは惜しむまい、読んでくださる方に恥じるような作は書くまい、とあらためて思っています。このたびは拙作へのご感想をお知らせいただき本当にありがとうございます。7月に出る新作もよろしくお願いします。

        システム
        システムさん

        女性の刺青師というのが斬新です。そしてラストシーンが見事に谷崎の「刺青」のネガであることがわかり、これを考え付く才能に感心します。 刺青とやくざはよくあり組み合わせですが、それに色欲と純愛をひそませるのは、この作家でなければ思いつかないでしょうね。深良マユミさんが30年に一人出るかでないかの傑出した小説家であることがわかります。

      • 深良マユミさんにコメントしました。

        ストリップ

        220円 24ページ

        ログインしていません » ログイン
        または、仮名

        800

        深良マユミ
        深良マユミさん

        追伸:今年は7月か8月にも新作を2作出します!!!!!ご期待くださいませ!

        深良マユミ
        深良マユミさん

        眼球譚様、大変お返事が遅くなりまして申し訳ありません!!心よりお詫び申し上げます。さて、拙作「ストリップ」を実に深く読み込んでくださり、筆者としてこれ以上の喜びはございません。まさにおっしゃる通り、私は「非理性と理性」のコントラストをつけるために、ジョルジュ・バタイユの「マダム・エドワルダ」を冒頭にもって北野であります。最初は、女主人公が経営する店の名前を「マダム・エドワルダ」にすることも考えたのですが、長過ぎるのでやめました(笑)その代わりに、このお話は「衣装」が人の運命を動かすのだということをはっきりさせるために、同じく「衣装」が出てくる能の「羽衣」とリンクさせるために「月宮殿」を選んだ訳でございます。実に的確に推理していただき有り難い限りです。「羽衣」は、大鼓を習っている人間にとっては意義深い曲です。なにしろ教科書の最初にある曲なので^^ ともあれ、この「ストリップ」という物語は、おそらく自分でも思っている以上に「深良マユミ」の本質が露骨に出ている物語かなと思っています。つまり、深良の文学とは救いのない文学であるのかもしれません(苦笑)しかし、袋小路に活路を見出すのが人間の最上の生き方だと私は思っております。これからも精進し、私に課せられた仕事(美と知こそが人間の一生にひかりをもたらすことを広める)をやって行きたいと思います。コメントをいただきましたこと、本当に嬉しく思っております。

      • 深良マユミさんを発表しました。

        夢と知りせば

        220円 21ページ

        ログインしていません » ログイン
        または、仮名

        800

      • 深良マユミさんを発表しました。

        朱と墨

        220円 20ページ

        ログインしていません » ログイン
        または、仮名

        800

      • 深良マユミさんを発表しました。

        ストリップ

        220円 24ページ

        ログインしていません » ログイン
        または、仮名

        800

      • 深良マユミさんにコメントしました。

        ロックス・アンド・チェインズ

        200円 19ページ

        ログインしていません » ログイン
        または、仮名

        800

        深良マユミ
        深良マユミさん

        OKOCHIさん、コメントいただきありがとうございます!いただいたお言葉のおかげで、自分ではなかなか分からない深良マユミの作家としての傾向があるのだとあらためて気がつきました。ところでこの「ロックス・アンド・チェインズ」は、2010年の5月に執筆していたもので、もうあれから4年半も経つのだとしみじみしています。よろしければ同じ時期に書きました「うつろなかお」などもお試しくださいませ。お言葉ありがとうございました。感謝です。

        OKOCHI
        OKOCHIさん

        味がある、不思議な話です。 難しい含みがあるので、何度も読まないと、なかなか感想も書けない感じです^^。

      • 深良マユミさんにコメントしました。

        P座標、原点

        300円 40ページ

        ログインしていません » ログイン
        または、仮名

        800

        深良マユミ
        深良マユミさん

        白楽天様、どうもコメントありがとうございます!そしてお返事が遅くなりまして申し訳ありませんでした。この「P座標、原点」は、結構長い時間をかけて書きました。東京の裏社会とかヤクザについての小説を書きたいなあと思って板敷きがありまして、少しづつ雑誌の記事などを集め、そこにありました「綺麗な女性の口車に乗ってバーに行ったら、ピーナッツが2000円で水割り一杯が6000円だった」とか「ナンパした女性とホテルに行ったら、その女性は消えてヤーさんが登場して恐喝される」という記事を読みまして、思いついたのが発端です。武藤みたいな女性を騙して(弱みを握って)金をゆする小悪党は実在すると思います。でも、おれおれ詐欺に比べれば効率が悪い気もします(大笑)あと、どうも女主人公の楓子(かえでこ)さんが、私に似ているとおっしゃる方が多くて困っています(笑)というのはウソで、読者の皆様が、「これは作者の自画像だろうか」と少しでも思っていただければ、面白いなあと思いながら、執筆していました。まあ楓子さんのほうが、エリートの家庭のお嬢様です。私自身は全然そんなことはなく一般的な育ちです。留学はさせてもらいましたが……

        システム
        システムさん

        地味ながら深良様の隠れた傑作です。育ちが良い、美貌な人妻が後ろ暗い犯罪者もどきの、口だけが達者な中年に、あわや心を掴まれそうになるというのに、非常にリアリティを感じた。