かんたんクラウドライブラリーwook Gakken Group

インタービュー

vol.6 芸術と文化のまち 尾道市のタウン情報、広報誌を市内外に発信

スマートフォンで楽しむ“日本遺産 おのみち”ライブラリー

尾道 食・店・アート・文化・歴史etc・・・あなただけの特別が見つかる。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、スマートフォンやタブレットでわが街との魅力を広く発信しよう――。そんな動きが全国各地に広がっています。映画ファンから、「時をかける少女」など大林信彦監督による尾道三部作の舞台として愛され続けてきた“映画と文学の街”広島県尾道市。北に拡がる緑豊かな田園風景から尾道水道の沿岸部、南に拡がる瀬戸内の多島美まで多彩な表情を持つ街です。 今年2015年4月には「尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市」として日本遺産に認定され、街全体がいっそう活気づいている模様。そこで今回は、広島県尾道市役所観光課 観光振興係 安原常雄さんに、当サイトの現状とこれからについてお話を伺いました。

尾道市役所観光課
尾道市役所観光課サイトとは?
広島県尾道市の観光情報を電子パンフレットで紹介しています。 イベント情報や観光案内、古寺(千光寺など)、映画ロケ地など電子パンフレットで紹介。活力あふれ感性息づく芸術文化のまち 尾道の観光カタログサイトです。
◇ 書店サイト http://onomichi-guide.wook.jp/
――  尾道市観光課のライブラリーサイトの特徴を教えてください。
尾道の魅力を発信するために運営しています。尾道と言えば、尾道三部作に代表される名作の舞台になっていますが、この街の魅力は映画や文学の舞台だけではないんです。
観光課としては、尾道水道を望む歴史・文化を凝縮した斜面市街地の町並み、橋と多島美とが調和した景観の魅力をより多くの方に伝えたいです。近年では、旅行先に到着してからも情報収集をするという方も多いので、インターネットによる情報提供が重要です。というわけで、wookを活用した公式ライブラリーサイトで観光ガイドやイベント情報の発信に力を入れています。
――  尾道市観光の繁忙期はいつごろなのでしょう?
春は、お花見シーズンがあり、また4月末には尾道最大のイベント「みなと祭」が開催されます。そのあと、ゴールデンウィークあたりまでずっとお客さんが多い状態です。また、秋は毎週のようにイベントが開催されて賑わいます。それぞれのイベントでチラシが作られますので、wookにアップロードしていきたいと思います。
――  wookのどのような点が便利ですか?
1からウェブコンテンツを作製するのは大変なことですが、既存の紙媒体のパンフレットのデザインをそのまま使用できるので、手間が大幅に省けます。
また、市役所のサイトの更新手続きは承認フローも複雑でけっこう時間がかかるものです。これに対しwookは、簡単に更新しやすい点がイイですね。誰でも簡単に更新できるため、市民向け広報誌やイベント情報ガイド、散歩マップ等定期刊行ガイドなど観光課以外の部署でも様々なコンテンツをアップしています。コンテンツが増えていったせいか、サイトアクセス数も順調に上がってきています。
――  観光課サイトのアクセス数は観光客数の増減と相関関係がありそうですね。
ええ。お客さんの多い時期はアクセス数も多くなります。また、これはまだ正確な分析はしておりませんが、曜日とも相関関係がありそうです。アクセス分析が容易で、結果が数値で現れるので反応が見えやすくてやりがいを感じます。
――  これからの課題は?
電子書籍内にリンクを貼れる機能があるので、既存のコンテンツと合わせて情報量を増やすことができればと思います。電子書籍でありながら、ウェブページのような感覚で見られるものが作れたらいいですね。
あと、コンテンツがかなり増えてきたので、ちょっと前のコンテンツが埋もれがちかなと。コンテンツが豊富になってきましたので、これからはいかにそれをユーザーに見つけてもらうかですね。ブックビヨンドさんは直営書店を運営されているようですが、何かいい方法がありますか?
――  カテゴリ設定やFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアで、定番コンテンツを定期的に紹介していくと古いコンテンツでも読まれますね。市民や観光客がメールで気軽に投稿出来る投稿写真サイト企画『おのみち写心散歩』等のコンテンツもアップしていき、サイトの動線を増やしていくと有効だと思います。
動線というと、今年、市のホームページからwookへのリンクの方法を変えたところ、以前は月平均のアクセス数は3千台でしたが、現在月5千台まで伸びてきました。アクセス数の多いページとの連携をすればアクセス数をさらに伸ばすことができそうですね。
――  そんな安原さんのイチオシコンテンツを教えてください。
情報量ナンバー1のパンフレット『お気に入りの尾道』ですね。冊子状のものも作製しておりますが、通常の案内所等には置いておりませんので、wookで見ていただくのがよいかと思います。尾道観光の計画を立てるのに便利ですので、ぜひご活用ください!

『お気に入りの尾道』
http://onomichi-guide.wook.jp/detail.html?id=240772
『おのみち写心散歩』
http://onomichi-guide.wook.jp/detail.html?id=240108
  • 写真
    観光の前にチェックするのがオススメ
  • 写真
    尾道の写真ならどなたでも投稿可能
――  今後のwookに期待するものを教えてください。
できるだけ多くの方に尾道の魅力を知ってもらいたいです。wookには、出版グループ企業ならではのプロモーションと翻訳配信サービスあたりに期待したいですね。
尾道市役所観光課サイト画像

広島県尾道市データ

市制施行 明治31年(1898年)4月1日
瀬戸内のほぼ中央に位置し、山陽自動車道、瀬戸内しまなみ海道に加え、平成27年(2015年)3月に全線開通した中国やまなみ街道(中国横断自動車道尾道松江線)により、広域拠点としての機能は高まり、まさに「瀬戸内の十字路」としての発展が大いに期待される観光都市です。

⇒その他インタビュー一覧はこちら